オフィシャルブログ

2011年の総括 ~その壱~

2011年12月27日

1.2011年の世相を一文字で表す漢字が「絆」に

 

AgcSnWBCMAAXDxA.jpg 近年注目されている、一年の世相を一文字の漢字で表す今年の漢字。これは、京都市清水寺の住職が毎年年末に、今年一年の世相をひと文字で書き表すもので、2011年の漢字が「絆」に決まり、12月12日京都市清水寺で発表されました。

 今年は当税理士法人の慰安旅行が京都・大阪方面で、ここ清水寺にも足を運び一票を投じてきたばかり。まずは念願が叶いました。 財団法人日本漢字能力検定協会が日本中から集めたアンケートは過去最多の496,997票で、トップの絆は61,453票。森清範貴主が「清水の舞台」で揮毫(きごう)しました。

 今年は東日本大震災の影響で「災」や「震」「波」「助」が上位をしめたと報じられましたが、家族や仲間との絆の大切さを改めて知らされた一年となりました。

 DSC01552-2.JPG 「今年の漢字」に投稿してきました。

 

 慰安旅行の時、大阪市内を散策していたら、「親と子・その絆展」の看板を見つけました。大阪ミナミからのメッセージというキャッチフレーズです。主催は千日前商店街。度派手な商売だけではない、ミナミの一等地にこういう看板を掲げているのも、また大阪の魅力の一つです。

 大阪都構想を掲げて当選を果たした、大阪維新の会の橋本市長にも是非みて欲しいなとほのぼのする看板です。

 

DSC01422-2.JPG

 

2.「3.11東日本大震災」のその後

 

 4月28日にTKC全国会から、東日本大震災関係で取材に行きたいという連絡が入りました。2つ返事で引き受けたもののその内容は全くわかりません。当初は1時頃から2時間程度、出来たら被災した関与先に伺い社長に会って話を聞きたい。そういう内容でした。

 その取材は、TKC全国会結成40周年のビデオ取りの一コマでDVDに収録されると言うことで、後で分かってびっくり。10月27日のTKC全国会理事会において、飯塚真玄TKC会長から全国会結成40周年記念DVD「会計事務所の職域防衛と運命打開を目指して」が完成したことが報告され、2万本制作されTKC会員に一本づつ配布されました。当法人には、飯塚会長の特別の配慮で100本頂き、早速関与先、金融機関に配布させて頂きました。

 

〈DVDを見た関与先社長の談話〉

 初めは自分の会社が出ていた部分だけを見るつもりでした。次第に面白くあんり、後ろから次々と見てしまった。TKCの組織体制や取り組んできた内容について再確認させられ、自社にも何か活かせないかとメモを取って全部見てしまった。

 

 野田総理大臣が就任の時に挨拶に利用した話にも興味がありました。

 忘れてはいけないものがあります。それは、我々が抱く故郷への思いであります。その思いを、福島の高校生達が教えてくれています。「福島に生まれて、福島で育って、福島で働く。福島で結婚して、福島で子供を産んで、福島で育てる。福島で孫を見て、福島でひ孫を見て、福島で最後を過ごす。それが私達の夢なのです。」

 被災した中でも私の実家である、旧桃生郡雄勝町の被害は甚大でした。人口4,000人の町が9ヶ月過ぎた今は、たった1,000人。限界集落になってしまいました。

そんな中、600年も続いている伝統の雄勝「法印神楽」が鎌倉で公演されることになりました。小さい頃、この神楽の音を聞くと心が弾んだモノです。復興に向けての第一歩になることを念じたいモノです。

 

kamakura.jpg

                       雄勝町の法印神楽(ホームページより)

 

3.「飯塚記念館」を訪問

 TKC総務委員会がTKC栃木本社で開催され、会議終了後に「飯塚記念館」を訪問してきました。記念館には、飯塚博士ゆかりの品々や研究・執筆活動等で使用した蔵書約2,000冊等が並んでおりました。TKC全国会結成40周年とTKC創業45周年を迎え開設されたものです。

 

IMG_5654-2.JPG

飯塚名誉会長の前で、斎藤総務委員長と

 

TKC40年歴史を振り返る様々な展示品がありましたが、その中に私に関係する2つのものが展示されていたのを発見し、驚いてきました。

 1.平成18年7月  行動基準書改訂小委員会で第14回飯塚毅賞を受賞

 2.平成20年7月  第35回TKC全国会役員大会 in仙台で、実行委員

 

IMG_5646.JPG

  記念館がある限り、この記録は消えませんね。

 

4.「復興支援みやぎの交流市」を開催

 

 地元の中小企業経営者達が集まり、「みやぎの交流市」を9月に開催しました。「元気なみやぎは中小企業がつくる。地元企業のおんちゃん・おばちゃん達が復興にむけて、笑顔と元気を発信します。」をテーマに開催。約1,000人の参加を頂きました。自社の業務内容や真のお客は誰か、をみつめる絶好の機会となり、家族も楽しめた交流市となりました。

 

DSC_0342-2.JPG

    久しぶりに顔が揃いました。

 

DSC01373.JPG

DSC_0229-2.JPG

                         当税理士法人も出展しました。

 

 その弐へ続く

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook