オフィシャルブログ

「事業計画発表会」を今年も開催。

2012年3月 5日

 3月1日、株式会社丸山運送の平成24年度「事業計画発表会」が今年も開催されました。真新しい本社ビル3階での開催です。来賓として、政府系機関、地元主力金融機関7行ら関係者15名が招待されました。    

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              冒頭、当税理士法人が編集しホームページームに掲載しているDVD(TKC全国会結成40周年記念で制作された「国難の時代に挑む」が上映されました。金融機関の中には「既に見た」という方もおりましたが、東日本大震災での丸山運送さんの被災状況と、事業計画発表会後の復旧・復興の状況を改めて確認するものとなりました。                                                    

 はじめに、三浦社長から「昨年も同じ日に事業計画発表会を開催しましたが、その10日後に発生した東日本大震災で当初計画した内容の見直しが迫られる状況となりました。被災を機会に、会社の進むべき方向を全社員で共有し総合力を発揮、売上は9割弱まで回復できました。自然の脅威の前には人間の力など到底及ばないことを思い知らされましたが、一方で、自分達の努力によって何でも成し遂げられる可能性があることも知りました。一人一人の力は弱いかもしれませんが、組織力を結集することによって、できることは無限にあると言うことです。そして今、次の節目である創業60周年に向け、後世に語り継がれる歴史を創造するステージに、多くの皆様から期待され注目を浴びるステージに立っています。全一丸となって「経営理念」を実践し、盤石な経営、良い社風を作り上げて行きます」と挨拶がありました。                                                                                                                                                                                                                                                

 

DSC01718.JPG

 震災後の復興イメージについての報告もありました。マイルストーンと称するもので、ステップ1から3迄に区分されております。各ステップ毎に主要テーマとゴールイメージと期間が示され、その下に詳細な付帯事項(具体的な行動目標)がついております。           

 現在は、震災から半年後から1年後にゴールと計画されていたステップ2の段階に入っており、計画は順調に推移していることが確認されました。改めて計画を策定することと計画を示すことの重要性を確認させられました。

 

DSC01736.JPG
 その後、平成24年度単年度の事業計画が示され、基本スローガンとして「変化への挑戦」が掲げられました。基本目標、基本方針、戦略、達成のために具体策12項目が示され、パネルディスカッション方式で各部門担当グループリーダーからア クションプランについて詳細な説明がありました。 

                                                                                                                                                                   日下取締役:新倉庫スペースを一杯にする。大口顧客にアプローチする。                                                                                                                 信田取締役:Pマークに対応する体制を図りたい。新たなサービスに取り組む。
中西GL:定期的な顧客訪問で情報を収集する。                                                                                   大宮GL:5活動で経費節減と業務効率化を図る。
甲斐GL:海外現地法人やフォワーダーなどを視察する。                                                                                     大野GL:営業リストを作成し新規客を訪問する。
星GL:HPの充実を図る。                                                                                  及川GL:新たな物流サービスを開発する。
橋浦GL:全社員を対象とした各種セミナーを開催する。

 

DSC01749.JPG                            決意表明する、日下取締役

 

 最後に社員を代表し、日下取締役から「掲げた目標は責任を果たし必ず達成します」との熱い決意表明がなされました。「震災を経験して思った事は、1年で達成できるような目標は大した目標では無く、むしろ不可能だと思うくらいインパクトのある目標が社員を一つにするような気がします。」とは三浦社長の言葉。                                                                  

 当法人としても全面的にご支援しますと、来賓を代表して挨拶させていただきました。

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook