オフィシャルブログ

住民税が増える!?

2012年6月 1日

16歳未満の扶養控除が廃止されます

 

地方税法の改正により、16歳未満の子供に対する扶養控除が廃止となりました。この結果、今年6月の住民税について、今まで扶養となっていた子供が扶養から外れるため、住民税の納付額が増えることになります。

 住民税の扶養控除額は33万円であるため、この金額に税率をかけた分だけ住民税が高くなってしまいます。

 

表1

 

(住民税率10%)

住民税の増加額

16歳未満の子供1人

16歳未満の子供2

16歳未満の子供3

年間住民税

33,000円

66,000円

99,000円

月額住民税

2,750円

5,500円

8,250円

 

 

 

 

  給与所得等に係る町民税・県民税、特別徴収税額の決定通知書が送られてきていますので、6月分の住民税の明細を確認してみてください。

 

 

住民税の均等割りが増加します。

 

 東日本大震災の影響で復興増税が行われることになりました。そのため、住民税の均等割りの金額が年間1,000円増加することになります。この増額は、平成26年6月から10年間続くことになります。

 

表2

 

 

改正前

改正後

住民税均等割

4,000円

5,000円

 

       ※住民税均等割りとは、所得の金額に関係なく一律に支払う金額を言います。

 

(鈴木)

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook