オフィシャルブログ

国宝「吉祥天女が舞い降りた!」

2015年4月30日
国宝 「吉祥天女が舞い降りた!」
- 奈良 薬師寺 未来への祈り- 特別展

4月24日から6月21日迄の間、「吉祥天女が舞い降りた!」-奈良 薬師寺 未来への祈り-東日本大震災復興祈念特別展が、仙台市博物館で開催されている。その前日に、オープニングセレモニーに列席してきました。このご縁は、昨年12月、当税理士法人の「平成27年経営方針発表会」で特別講演を頂いた、奈良薬師寺の大谷徹奘(おおたにてつじょう)執事からお誘い頂き、実現したものです。親しい仲間を誘い、はじめて経験する開会式とその後の「ご縁者開白会」まで参加することができました。
奈良薬師寺は天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈り、西暦680年に建立を発願した由緒ある古寺です。およそ1300年を経た現在まで、数多くの名宝が大切に伝えられており、「古都奈良の文化財」として世界文化遺産にも登録されています。
今回、東日本大震災からの復興を祈念して開催されるこの特別展では、「吉祥天女像」と「聖観世音菩薩立像」の国宝2件をはじめとする貴重な文化財の数々が特別に公開されることになりました。(開会式の案内状より)

 
1DSC04355.JPG
法相宗官長薬師寺 山田法胤管主。「慈眼視衆生」のサインを頂きました。

 
2DSC04360.JPG
国宝・吉祥天女像

慶・福徳をもたらすとされる「吉祥天女」は、手に人々の願いをかなえる宝珠を持ち、美しい彩色が施された姿で、今まさに舞い降りたかのようです。薬師寺でも正月3日間しか公開されないという「吉祥天女像」をこれだけ長期間、しかもガラス越しとはいえ40センチの近さで見られるというのは、たぶん最後かも知れません。ぜひ、仙台市博物館に足を運び、実物を拝んでみてはどうでしょうか。

3DSC04361.JPG
 平成に入ってCDで復元された吉祥天女像。綺麗ですね。


4DSC04374.JPG
国宝「聖観世音菩薩立像」飛鳥~奈良時代の作品

 薬師寺境内の東に位置する東院堂の本尊が「聖観世音菩薩立像」です。金堂に安置される薬師三尊像とともに、薬師寺のみならず日本を代表する仏像のひとつとされています。その姿は堂々としており、優しい微笑をたたえた表情と、豊かな張りのある体つきでまっすぐに立つ点がとても印象的です。観世音菩薩は、この世にあって人々の近くに寄り添い、その願いをかなえるとされます。およそ1300年にわたって、多くの人々がこの像に祈りを捧げてきました。そしてこれからも、より良い未来を願う人々の祈りを微笑とともに受けとめてくれるでしょう。(特別展の資料より)
特別展ではこのように、脇からも後ろからも国宝を見ることができます。

5DSC04382.JPG
  最後は大原飲食の「炉暖」で反省会。美味しい酒を酌み交わし大いに盛り上がりました。

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook