オフィシャルブログ

今年も「経営方針発表会」を開催しました

2018年12月11日
 今年は、毎年行っていた仙台ガーデンパレスから場所を移し、仙台駅西口にある「ホテル・モントレ仙台」で、関与先や金融機関等にご出席頂き、総勢約150名での開催となりました。
 代表から開会挨拶の後、SWOT分析により得られたデータをもとに作成した戦略マップを発表しました。毎年集計している関与先の黒字決算割合は前年度より若干減少しました。主な原因は売上高の減少や人材不足と推測されます。一方、2期連続黒字決算を達成した、また黒字へと転換した関与先の共通点は、経営計画を策定し予算と実績の対比を毎月実施していることでした。
 当法人では関与先の黒字決算実現のために5ヶ年経営計画策定支援の強化に力を入れていきます。今までの経営計画は、現状ではこうなるという「業績予測型」でした。が、今後は先にゴールを設定し、行動を軌道修正していく「未来創造型」にシフトし、5ヶ年計画作成セミナー(将軍の日セミナー)を開催していきます。月次の巡回監査においては予実対比やPDCAサイクルのフォローを徹底し、黒字決算を実現できるようにサポートしていきます。

201901.png
5本の柱


 2019年は、「5本の柱」で支援していく方針です。会計・税務をベースに5ヶ年経営計画の策定支援、事業承継対策と相続対策、クリニック等の開業支援そして各種実務セミナーの開催などです。
 5ヶ年経営計画の策定支援では、新たに「将軍の日」という経営計画策定ツールで関与先を支援します。なぜ経営するのかという根本的な目的を確認し、自社の強みと課題を明確にするための定性分析と、経営理念や中・期経営計画として自社が達成すべき目標を確認し、設定した目標に向かって突き進むための道筋を構築し、やるべきことを明確化する、という流れで進めて行いきます。そのための専用ホームページも開設し、行動を開始しました。(http://www.aoki-maskansa.jp/
 さらに、医療法人や医療経営のサポート、クリックの事業承継までトータルでサポートさせて頂きたいと考え、医療分野のホームページを開設しました。金融機関等と連携し医療分野を支援していきたいと考えています。

201902.png
 満席御礼

201903.png
 司会も自前です


201904.png
所属税理士とチーフによる決意表明

2019005.png
代表して表敬状を贈呈させて頂きました。

 方針発表会の最後に、10年連続書面添付実践企業に特別表敬状の授与式を行いました。書面添付は、税理士が申告書の作成に当たり、どのような書類を基に計算し整理したかを税務当局へ提出することができます。書面添付を提出した税理士には、納税者の税務調査通知前に意見を述べる機会が付与されています。日々適時な記帳を心掛け、適正申告に取り組む関与先が実施できる制度で、会計事務所がやろうと思ってもできないのがこの書面添付制度です。
 今年は11社の関与先が該当し、前回と合わせて10年連続特別表敬状を授与された企業数は75社になりました。そして、平成30年の書面添付の提出件数は法人と個人のほか相続税申告分を合わせると233件となりました。
 実践企業を代表して、ケーオー電気株式会社の田島会長と田島社長に表敬状を贈呈させて頂きました。田島会長からは「書面添付の実践を継続したおかげで金融機関等からの信頼度が増した。かつて青木&パートナーズから電子申告を勧めがあり、実践したら入札が取れてとても助かりました」等の謝辞を頂きました。

201906.png
方針発表会でご挨拶を頂きました

 第一部の総括として、関与先を代表し株式会社ヴィクルーの佐藤社長からご挨拶を頂きました。その中で佐藤社長は、いつも青木&パートナーズをベタ褒めで終わっていましたがと前置きしながら、「方針発表を聴いていて、これからはAIを使いこなす社長でなければならないことと、会計事務所の役割として関与先と関与先とを結ぶプラットホーム的な役割がもっと拡大していくのではないか」という期待がある。「仕事柄、様々な会社の社長と逢う機会が多いが、書面添付の話をしても知らない経営者がなんと多いことか、青木&パートナーズは当たり前のように実践できていることはとても素晴らしいことで、社長が経営に没頭できる環境に感謝したい」旨の話を頂きました。

 
2019007.png
井上社長に講演を頂きました

 第2部は伊那食品工業株式会社の井上修社長にご講演頂きました。伊那食品は長野県伊那市にあり、60年前に寒天の原料を使って「かんてんぱぱ」等の製品を製造しており「年輪経営」で知られています。国内トップシェアを誇る寒天メーカーであり、48期連続増収増益で「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」にも選ばれている優良企業です。
 会社の社是である「いい会社をつくりましょう」のテーマで90分の講演して頂きました。
 製品を次々に開発する仕組みを聞きましたら、「お客様からこんな製品ができませんか」と言われたことを社内で検討し、それを製品化していくのだそうです。従って現在のアイテム数は介護食用製品や食物繊維の応用製品など200を超えていました。用途は、寒天野菜スープ、寒天ぞうすい、寒天ソフトキャンデー、サラダ用寒天など多種多様です。
 「かんてんぱぱカーデン」という北丘工場の敷地は約3万坪もあるそうで、この敷地内を毎朝450名の社員が15分程度かけて各々の場所を掃除するそうです。驚いたのは、親子2代で休日に来て掃除をするという社員や、雨の日に敷地内の歩道を掃除する社員、元旦の日に掃除に来るマニアックな社員などもいていつも整備されているそうです。社内におかれている傘立ての数百本もある傘が全て同じ方向を向いており、ここまで徹底されている社員の取り組みにはびっくりさせられました。
 井上社長の話を聞いた関与先から数社、是非来年は伊那食品を訪問したい、というリクエストに「歓迎したい。是非」という暖かい返事を頂きました。楽しみですね。

 第3部の懇親会は午後5時30分からの開催です。今回は2時間という限られた時間の中で様々な催し物があるため、早速、挨拶と乾杯を窪田電気工事株式会社の横山社長にお願いしました。毎年恒例となっているビンゴ大会では、関与先から様々な豪華景品を提供して頂き大変盛り上がりました。


 
201909.png
ティーナカリーナさんの歌に会わせて


 懇親会のハイライトは、今年もティーナカリーナさんによる「昭和歌謡ショー」です。この日は東京から駆けつけて頂き、約20分の間に「勝手にしやがれ」や「北酒場」「まつり」等6曲も歌って頂きました。

 しかしここで終わらないのがA&P!サプライズで「フラッシュモブ」を披露しました。「ダンススクールFAVORITE」で10月下旬からスタッフ全員で練習し、発表会前もチーム毎にリハーサルし万全の状態で本番を迎えることができました。会場は非常に盛り上がり、サプライズは大成功に終わりました。
 
201910.png
最後は「フラッシュモブ」で締めました

201911.png
懇親会の中締めです

 年末のお忙しい中、参加して頂いた関与先や金融機関をはじめ関係者の皆様には、スタッフ一同心から感謝しております。
 当法人は経営方針発表会でお伝えした通り、掲げた2019年方針を実践し、「東北地域No.1の総合事務所」を目指し、関与先のために努力してまいります。今後も当法人をよろしくお願い致します。(木下)

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook