オフィシャルブログ

シンガポールへ行ってきました。

2019年6月13日
 6月5日から9日まで、家族と一緒にシンガポールへ行ってきました。TKCの施策に基づいた取り組みを総合的に行った事による表彰部門「五つ星企業数」として、全国上位30事務所にA&Pが選ばれた事による表彰旅行です。
 表彰部門は8つあり、全部で233事務所、同伴者含めた参加人数は507名といった大規模な表彰旅行でした。

 シンガポールは1965年にマレーシア連邦から追放される形で都市国家として分離独立した国ですが、独立から54年余りにも関わらず、急速な発展を遂げている都市です。赤道直下に位置するため、年中高温多湿で気温は30度前後で蒸し暑いのですが、バスや建 物の中はキンキンに冷房が効いていて、上着が無いと寒い位です。現地の人達は涼しい環境で観光客をお迎えする事が何よりものおもてなしという事なのだそうです。

 成田空港を11時に出発してシンガポールには夕方5時頃到着します。所要時間は7時間ほどですが、時差は1時間しかありません。
 到着後は東北会と関東信越会との合同懇親会でスタートです。

singapore01.JPG
 懇親会後はホテルへ。今回のホテルはマリーナベイ・サンズです。
 マリーナベイ・サンズはラスベガスのラスベガス・サンズによって開発され、2011年に開業しました。総工費は80億シンガポールドル(日本円で約6,700億円)で、タワー1・2・3と3つの超高層ビルを屋上で船と連結した構造となっています。
 この屋上にはプールがあり、世界一高い場所にあるプールとしても有名なホテルです。
 7時間のフライトと、すでに夜という事もあって子供たちも疲れた様子でしたが、まずはプールだけは見みようと屋上へ連れていきました。

singapore02.JPG

 開業当初は半年間予約待ちだったほど人気のホテルですが、巨額の総工費はなんと3年で回収したというから驚きです。宿泊客が多い事も当然ですが、収益に大きく貢献しているのがホテル内のカジノです。
 初代大統領はカジノに反対していたそうですが、資源の少ないシンガポールを繁栄させるためにはカジノの建設が必要ということから、2代目大統領の時代にカジノが造られました。24時間営業で、入場料は外国旅行客が無料、シンガポール国籍の人は約15,000円です。入場する際にパスポートを提示して厳重なチェックを受けてから入ります。依存症になる人も多い事から、家族か本人の申請があれば出入り禁止にする事もできるようになっているそうです。入口で拒否されていた人もいたのはそういった人だったのかもしれません。
 場内だけでなく、外からの撮影も禁止という事で、残念ながら写真は撮れなかったのですが、中に入って雰囲気だけ味わってきました。

singapore03.jpg
こっそり撮った写真


 シンガポールの発展は今後もしばらく続きそうです。空港も第5ターミナルを建設中で、その広さは現在の第1~第4ターミナルまでと同じ広さになるのだとか。私たちが泊まったマリーナベイ・サンズも向かい側にタワー4を建設予定という事で、その他も至る所で工事が行われていました。

singapore04.jpg

 街づくりには国策が大きな影響を与えていて、まずゴミがほとんど落ちていません。喫煙場所も厳格に定められていて、違反すると罰金200ドル。ゴミのポイ捨ても罰金。ガムも禁止等々。車の台数も国が管理をして、新車を購入するためには300万円~400万円する「車所有権」を国から購入する必要があります。この価額も車の台数によって毎月変動させ、需要と供給のバランスを保つという徹底ぶりです。この権利を持って初めて車を買うことができるわけですから、普通車を購入すると700万円前後必要という事ですね。地下鉄も整備されているので、車が無くても不自由は無いとガイドさんは言っていました。

singapore05.jpg

 国土の狭いシンガポールは住宅事情も変わっています。約8割の人がHDBという公営住宅を国から購入して住んでいます。住宅購入資金を確保するため、給与の20%が強制で天引きされます。この「強制貯金」の他にも、「特別口座」「医療口座」など様々な口座を設定して給与天引きしているそうです。
 物価の高いシンガポールでこのように給与天引きされ、食事はほとんど外食という事で、生活レベルがどれほどか気になるのですが、年中高温・多湿の気候のため、夏服だけで良く、また多民族国家で様々な服装の人が街中にいる事から、服装を気にしない、つまり服にお金をかけないそうです。そして、先に挙げたように、ほとんどの人が車を持っていません。お金の使い方が日本人と違うのですね。

singapore06.jpg

 3日目夜に参加者全員での合同懇親会が催されました。冒頭のあいさつでTKC全国会の坂本会長から、同伴した家族へ向けて今回の旅行の趣旨、税理士の仕事内容や社会からどのように評価され、なぜこの旅行に来ることができたのか、という話がありました。私は家庭で仕事の話はほとんどしないのですが、その話を聞く家族の姿を見て、妙に感動して涙が出そうになりました。(笑)

singapore07.jpg
 天気はあいにくの曇りで、何度かスコールもあったものの、とても充実した4日間でした。妻・子供たちも大変喜んでおり、良い家族孝行ができました。私を行かせてくれた青木代表はじめ事務所のみんなに感謝です。
 TKC全国会の施策は税理士業界の未来と、関与先企業の永続・発展に結び付くものとして、重点的に取り組むべき事が決められています。新しい技術や情報がどんどん入ってきますが、A&Pは若さと総合力で十分対応できる力を持っています。今後も関与先企業の黒字化のために、そして事務所の皆が更に幸せになるために、一丸となって取り組んでいこうと思います。
 最後に、招待して頂いた㈱TKCと、お世話して頂いた添乗員の方にもお礼を申し上げます。ありがとうございました。(和川崇)

singapore08.jpg
singapore09.jpg
singapore10.jpg
singapore11.jpg
singapore12.jpg

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook