オフィシャルブログ

スタッフブログ

書面添付制度による効果

2020年1月14日
 当法人では、関与して2年目以降の関与先には税務申告の際、税理士法に規定されている「第33条の2」の書面添付を実践しています。書面添付は、毎月の巡回監査の徹底と、適正な税務申告を行うことにより実践できるものです。
 添付書面が税理士側から提出された場合は、税務当局は、納税者に税務調査の通知をする前に税理士に意見陳述する機会が与えられています。聴取の結果、疑義が解消すれば関与税理士に対し「意見聴取結果についてのお知らせ」が発行され、税務調査が省略されることになります。このことから、書面添付がされた決算書や税務申告書はきわめて高い信頼性があり、金融機関からも高い評価を受けることができます。
 当法人は昨年12月に、書面添付を実践している関与先に税務当局から税務調査前の意見聴取を求められました。代表と上司である税理士が税務署に出向き必要事項を説明した結果、意見聴取によって疑義が解消したと判断され下記のようなお知らせ文が送付されてきて、税務調査が省略されることになりました。
 当法人が所属しているTKC全国会では書面添付制度の推進を積極的に進めており、この通知を受けた関与先には、TKC全国会より会長と代表との連名で「表敬状」を贈ることにしております。この「意見聴取結果についてのお知らせ」と「表敬状」は、当法人にとっても大変名誉のある書類です。
 
表敬状.PNG

 
 関与先から「税務調査の時間を割くことがなくなり、改めてこの制度の重要性を感じた」との話しがありました。当法人はこれからも信頼性の高い決算書と正しい税務申告書の作成を支援するため、毎月の巡回監査と書面添付制度を実践して参ります。
(上長根)

「2020方針発表会」を開催しました

2019年12月28日

今年も仙台駅西口にある「ホテル・モントレ仙台」で、100名を超える関与先や金融機関等にご出席頂き、「2020経営方針発表会」を開催いたしました。

質の高い業務を関与先に継続して提供できるよう「ISO9001」を取得したこと、経営指針書を全面的に見直し次のステップのために社内体制の強化に取り組んだことと、関与先支援のための「5本の柱」の強化策等が今年の特徴です。

「5本の柱」とは、税務会計をベースに経営計画の策定支援、相続税と事業承継支援、医療コンサル、各種セミナーです。その柱にSWOT分析により得られたデータをもとに2020戦略マップを作成しました。

map2.jpg

続いて「10年連続書面添付実践企業」の特別表敬状の授与式を行い、実践企業を代表して東北黒沢建設工業株式会社に表敬状を贈呈させて頂きました。

今年は5社の関与先が該当し、これまで10年連続特別表敬状を授与された企業数は81社となりました。

最後に株式会社ヴィ・クルーの佐藤全社長に講評を頂き、第1部を締めて頂きました。

 

代表.jpg

東北黒沢建設工業株式会社の佐藤社長

 

 第2部は株式会社能作の能作克治社長にご講演を頂きました。(株)能作は富山県で錫製品を中心とした鋳物を製造しており、今年で創業103年目を迎えます。

革新的なアイデアと信念に基づく分野を超えた「もの作り」は、国内のみならず国際的にも大きな注目を集め、高岡ブランドの確立に大きく貢献している会社です。

能作の製品ができるまでの軌跡と想いについて、「地域と共に生きる~伝統産業の取り組み~」というテーマで公演をしていただきました。



能作社長.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 (株)能作の社長 錫で作ったビアカップで呑むとピールの味が違います。

 

 「昔の事をそのまま続けていると廃れる。時代の変化に柔軟に対応しているからこそ、今の能作がある。」と熱く語った社長。自分が作りたいものを作っても売れず疑心暗鬼の中、店員の声をもとに開発した商品は驚くほど売れた。実用性のある商品だから売れるという話に会場でもうなずく姿が見られました。

 能作のしない4つの経営方針、①儲けを優先しない、楽しむことを優先する②社員教育をしない、教えるのではなく自分で気づかせる③営業活動をしない、営業活動される側になる④同業他社と戦わない、競争ではなく共創(きょうそう)する、で毎年10%超も成長し続けている内容は、目から鱗でした。

 講演のラストを締めくくったスライドは、もの作りに対する熱意とその原動力となるエピソードが熱く語られ、感動的でした。

 

 

第3部は懇親会です。挨拶と乾杯を株式会社佐元工務店の佐藤真生社長にお願いしました。恒例となっているビンゴ大会では、豪華景品を関与先の皆様から提供して頂き、大いに盛り上がりました。

懇親会のラストは、3年連続登場の「ティーナ・カリーナ」さんです。「津軽海峡冬景色」や「川の流れのように」など誰もが1度は耳にしたことのある昭和歌謡で会場を盛り上げていただきました。

 

ティーナ・カリーナ.jpg

 

年末のお忙しい中、参加して頂いた関与先や金融機関をはじめ関係者の皆様には、スタッフ一同心から感謝しております。

経営方針発表会でお伝えした通り、2020年の目標を実践し関与先に満足していただけるよう日々努力してまいります。(佐々木)

年末調整セミナーを開催しました

2019年11月29日

11月27日に年末調整セミナーを開催しました。今年はより多くの関与先にご参加いただけるよう、午前と午後の部に分けて開催しました。

最初に、年末調整を行う理由や対象者、必要書類の確認など基本的な内容から復習し、今年の年末調整のポイントと、後半はTKC給与システムのデモデータを用いた操作演習を行いました。

2019年までの基礎控除は一律38万円でしたが、2020年以降は基礎控除額が所得に応じて変わり、合計所得金額が2,400万円以下の人は48万円に引き上げられ、給与所得控除については所得区分ごとに一律10万円引き下げられます。

令和2年分の扶養控除等(異動)申告書の提出を受ける場合には配偶者、扶養親族の「所得の見積額」の記載金額に注意が必要となります。今年の年末調整と併せて確認する必要があります。

2019年年末調整セミナー.jpg

参加者から「配偶者控除の計算の仕方や申告書の書き方、システムの入力の仕方等、たいへん参考になった」「年末調整の一連の流れを理解することができた」といった感想をいただきました。

実際に年末調整事務を始めてみると分からない点が出てくるかと思いますが、その際は各監査担当者へお問い合わせください。速やかに対応させていただきます。(黒田)

 

○今回、年末調整セミナーを務めました。初めてのセミナーでしたので、資料の準備や操作演習の例題作成、リハーサルなど事前準備に力を入れました。当日は大変緊張しましたがセミナー補助者の方々に支えられながら無事遂行することができ、私自身も大変勉強になりました。(福士)

 

「ISO9001-2015」認証を取得しました

2019年11月18日
 令和元年11月13日付で、品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001-2015」の認証を取得しました。認証範囲は「税理士事務所業務」です。
 取得の目的は、マニュアルの形骸化と業務の属人化を打破するためです。従業員数が増えてきたこともあり、今後、業務の標準化は必須になってきます。この人がいなければ業務が回らない、同じサービスが提供できない、その結果お客様に迷惑をかけてしまうというのは組織として大問題です。そのような事態が起きない仕組みを作るため、ISO委員として6名を選抜し今年3月から着々と準備を進めて参りました。
 見慣れないISO独特の用語に四苦八苦しながらも無事に認証を取得しましたが、ようやくスタートラインへ立ったと感じております。まだまだ社内に浸透していない部分もありますので、PDCAを回し改善していかなければなりません。またこれからは年に一度の定期審査、3年に一度の更新審査がやってきます。毎月の巡回監査、年に一度の決算申告とも似ています。更新審査(決算)だけやればいい、というものではありません。どちらも日頃の積み重ねが重要となってきます。
 従業員数が少しずつ増えているのも、ひとえに関与先様とのご縁と温かいお力添えがあったからこそです。今後も更なるサービス向上を目指して参りますので、お気づきの点がございましたら遠慮なくお申し付けください。(松谷)

iso01.jpg
iso02.jpg

事務所のレイアウトを変更しました

2019年10月30日
 利便性向上のために事務所のレイアウトを変更しました。大きな変更点は、会議室の移動とカフェスペースの導入です。
 ビルのエアコンが古く、しかも温度管理は隣の部屋と同調しています。その結果、会議室の中は夏は暑く温度を下げすぎると隣からクレームが入ります。逆に冬は温度を下げても暑くて大変でした。それを解決するため、2つの会議室を窓側に移動しました。
 今度は開放感があり明るい雰囲気の会議室となり、より活発な会議を行いことができるようになりました。決算検討会や将軍の日、少人数でのセミナー等で利用しています。

001.jpg
                  会議室の状況

 新たに導入したカフェスペースにはスタンディングデスクもあり、時にはチームの垣根を越えた交流の場として、あるいは集中スペースとして利用されており、メリハリのある業務の実施に繋がっています。
 月末の会議では各グループ毎の打ち合わせに、普段は昼食用のスペースとして多目的に使用しています。
 最近ではフリーアドレスオフィスなど、働く環境が多様化しています。当税理士法人も、時代の変化に対応しながら関与先様の発展に尽力して参ります。(竹川)

002.jpg
                   カフェスペース

納涼会を開催しました

2019年9月19日
 8月31日に納涼会を行いました。この日は通常よりも業務を少し早目に切り上げ、長町にある「ヤキニクバルQUATTRO・HERMANA」へ向かいました。国産牛の焼き肉とホルモンがとても美味しいお店で、テーブルに備え付けの無煙専用ロースターで焼きます。肉を焼いた煙が全く出なく、快適に食べることができました。

no1.jpg

 8月に加わった新入社員にとっては初の飲み会となりました。3名とも代表に今後の意気込みを語るなど、会社に貢献したいという気持ちが伝わってきました。(詳細は8月30日のブログを見て下さい。)暑い日が続いていますので、美味しいお酒と焼き肉を堪能し、これからの業務のための鋭気を養いました。
 最後にゲストとして参加して頂いたTKCの鈴木センター長代理より、当法人に対する激励のお言葉を頂き、納涼会を締めて頂きました。

no2.jpg

 当法人は総勢24名になりました。スタッフが増えた分以上にお客様に満足していただけるようパワーアップして頑張ってきたいと思います。(鈴木)

第8回「A&P杯ゴルフコンペ」を開催しました

2019年9月18日
 西仙台カントリークラブで第8回A&P杯ゴルフコンペを開催しました。関与先をはじめ、わざわざ東京から駆けつけていただいた参加者も含め10組39名での開催となりました。開催日前は雨の日も多く天候も危ぶまれましたが、当日は晴天に恵まれ絶好のコンディションの中でプレーすることができました。

golf2019.jpg
スタート前の集合写真

 今年も参加者の方々から家電製品や仙台牛すきやき、トイレットペーパー1年分など多くの豪華景品の協賛をいただきました。この日のために密かに練習を重ねてきた方もおり、綺麗に咲く胡蝶蘭等の景品を目当てに優勝やドラコン、ニアピン等を狙っている様子でした。
 西仙台カントリークラブは、ホール毎に打ち上げや打ち下ろしのコースが多く、フェアウェイも平面の所が少ない難しいコースでしたが、和やかな雰囲気の中楽しく18ホールを回ることができました。
 プレー後には表彰式が行われ、アトラクションと順位の発表を行いました。今回見事に優勝を飾ったのは㈱サイコーの谷津武弘さんです。谷津さんは第1回から連続して参加頂いており、今回が初めての優勝でした。

golf20192.jpg
優勝した谷津武弘さん

 関与先をはじめ多くの皆様のご協力で、盛大に開催できたことに感謝申し上げます。引き続き皆様方からのご支援をいただきながら、スタッフ一丸となって頑張っていきたいと思います。(高橋)


 スコアは以下の通りで、上位はグロスでもハイレベルなスコアとなりました。

優 勝:谷津さん(サイコー)       G91 H18.0 N73.0
準優勝:中村さん(東北パートナーズコミュニティ) G90 H16.8 N73.2
3 位:大場さん(サインズ)      G76  H2.4 N73.6

新しいスタッフが加わりました

2019年8月30日

8月中旬、専門学校を卒業したばかりのフレッシュなスタッフを迎えました。

春に行ったインターンシップを経て、数ある税理士事務所から当税理士法人を希望してくれました。全員が監査担当を希望しており、関与先の担当となる日も遠くないかもしれません。

 

笑顔が絶えない丹野さん、元野球少年の若松さん、千葉ロッテ大好きな堀内さんと個性豊かな3名が加わり、総勢24名となりました。

A&P全員が一丸となり、関与先皆様の発展に尽力して参りますので今後ともよろしくお願いいたします。

※HPスタッフ紹介欄にプロフィールを掲載しておりますのでご覧ください。


新入社員紹介.jpeg

左から 丹野さん、若松さん、堀内さん

 

  丹野 沙柚美(たんの さゆみ)さんからの一言

 日々努力を怠らず、お客様のサポートができるよう頑張ります。

 

  若松 昂平(わかまつ こうへい)さんからの一言

一日も早くお客様の力になれるよう、日々成長する事を目標に頑張ります。

 

  堀内 玲央(ほりうち れお)さんからの一言

 お客様の夢の実現のため、一日一日精一杯努力して参ります。

(木村)

「夏のセミナー」を開催しました

2019年7月18日
 当税理士法人では各種のセミナーを開催し「関与先に貢献する」を目標に、ほぼ毎月様々なセミナーを企画実施しております。
 6月27日に「戦略MG(マネジメント・ゲーム)」を開催しました。戦略MGとは、経営シュミレーションゲームのことで、あのソフトバンクの孫氏もこの戦略MGで経営の勉強をしたといわれています。参加いただいた皆様から「ゲーム感覚で、楽しく経営戦略の大切さを体感できました」などの声を頂きました。
 7月3日には「簿記セミナー」を開催しました。企業が求める資格No.1の簿記3級を実務的かつ資格取得に向けて学習することができるセミナーです。以前参加いただいた方からは、「簿記3級に合格しましたヨ」という嬉しい報告も頂いています。
 7月5日には「エクセル勉強会」を開催しました。事務作業でよく使うエクセルを、今まで以上に効率的に使いこなす技術を学ぶものです。参加者から「普段の業務に即活かしたいです」などの声を頂きました。
 さらに、7月9日には「将軍の日」を開催しました。将軍の日とは、戦国時代に将軍が戦場から離れた陣営から戦局を大局的に見極めながら戦略を立てていたように、経営者も日常業務から少し離れて、自社を取り巻く経営環境を見つめ直し、会社としての今後の戦略を考える一日です。「自社の課題や将来の経営計画を改めて見つめ直す良い機会になりました」との感想を頂きました。

summer1.PNG
エクセル勉強会(左)と戦略MG(右)

 当税理士法人はこれからも関与先へ有用な情報を提供するため、各種セミナーを企画開催していきます。セミナーは監査時に担当者からご案内いたしますが、より詳細な内容については当社HPに専用ページがございますので、是非ご覧ください。(福士)


bn_seminar.gif

3月決算打ち上げ

2019年6月 7日
 3月決算5月申告は件数が多く、会計事務所にとっては繁忙期にあたります。加えて今年のゴールデンウィークは10連休。例年にも増して「忙しくなる」と予想されました。
 忙しいほど時間が進むのが早く感じるのでしょうか。4月、5月と矢のように過ぎ去り、最終週には颯爽と定時で帰宅する従業員もチラホラ。時間効率向上を目指してきた成果なのか、マンパワーが増えたおかげなのか。「よく働き、よく遊ぶ」が我社の社風。打ち上げで美味しいお酒と鉄板焼きを堪能しました。
 
utiage0607.jpg
 場所は、青葉区国分町の「鉄板焼き 神楽」です。鉄板で調理された素材の数々は一つひとつが際立ち、ゆったりとした雰囲気の中、素敵な時間を演出してくれました。お酒もおいしさを増して、みな笑顔がこぼれます。
 成長を感じたこの5月。継続して「業務品質の向上」を目指し、「また皆で楽しい時間を過ごしたい」そんな思いを共有する一夜となりました。(阿部)

「鉄板焼き 神楽」のHP オススメです!

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook