オフィシャルブログ

スタッフブログ

3月決算打ち上げ

2019年6月 7日
 3月決算5月申告は件数が多く、会計事務所にとっては繁忙期にあたります。加えて今年のゴールデンウィークは10連休。例年にも増して「忙しくなる」と予想されました。
 忙しいほど時間が進むのが早く感じるのでしょうか。4月、5月と矢のように過ぎ去り、最終週には颯爽と定時で帰宅する従業員もチラホラ。時間効率向上を目指してきた成果なのか、マンパワーが増えたおかげなのか。「よく働き、よく遊ぶ」が我社の社風。打ち上げで美味しいお酒と鉄板焼きを堪能しました。
 
utiage0607.jpg
 場所は、青葉区国分町の「鉄板焼き 神楽」です。鉄板で調理された素材の数々は一つひとつが際立ち、ゆったりとした雰囲気の中、素敵な時間を演出してくれました。お酒もおいしさを増して、みな笑顔がこぼれます。
 成長を感じたこの5月。継続して「業務品質の向上」を目指し、「また皆で楽しい時間を過ごしたい」そんな思いを共有する一夜となりました。(阿部)

「鉄板焼き 神楽」のHP オススメです!

「消費税軽減税率対応セミナー」を開催しました

2019年6月 7日
 6月4日、仙台ガーデンパレスにおいて「消費税軽減税率セミナー」を開催しました。
 今回は特に、影響を受けると予想される業種を選定し、飲食業と小売・卸売業の2部に分け、約30組の関与先にご参加いただきました。
 今年の10月に迫った消費税率10%への増税ですが、その中で飲食料品類(一定のアルコール類を除く)や週2回以上の定期購読新聞(電子新聞を除く)の消費時には8%の軽減税率が適用されます。食料品類については特に複雑であり、飲食店内での食事やケータリングには10%の税率が、出前やテイクアウトには軽減税率8%の消費税率が適用されます。
 私を含め弊社スタッフが好んで飲む日本酒を例にあげますと、酒蔵は原料である米(食料品に該当)を軽減税率である8%で仕入れ、製造した日本酒を販売する際はアルコール類に該当するため標準税率の10%で販売します。
 消費税率で複数税率という初めての制度に対しては、事前の理解とレジや受発注システム、対象品目や対象取引への理解など社内での事前準備が必要です。消費の落ち込みや駆け込み需要なども懸念されますが、その一方で10月1日以後に住宅を購入し居住を開始した場合の住宅ローン控除の期間を13年(現在10年)に延長するなど、消費税増税後の対応も着々と進められています。
 今後も変化する税制に対し、関与の皆様へわかりやすくスピーディに発信していきたいと考えています。(江川)

shouhi0604.jpg
shouhi06042.jpg

20代最後の思い出

2019年6月 3日
0603.JPG
日本税理士会連合会では、大学生等に向けてリクルートパンフレットを作成しており、
今年改定されたパンフレットに、私江川琢哉が掲載されました。

パンフレットでは全国から4名の税理士が集まり、それぞれ税理士の資格取得までの
勉強の苦労話や、税理士という仕事の魅力、10年後の将来像について対談をしました。
地域や年代によってそれぞれ資格取得までの道のりや現在の立場も違い、
興味深く話を聞くことができました。

このパンフレットは日本税理士会連合会のHPに掲載されるほか、
各大学の就職活動を行う学生へ配布されるようです。

20代最後に、とても名誉ある体験をさせていただきました。
税理士になりたい、興味がある、資格の勉強させてみたい!という方、是非ご覧ください。


税理士って?~一生の仕事を探すなら~

A&P経営者塾「ほめ達!」を開催しました

2019年5月 7日
 4月26日。「一般社団法人日本ほめる達人協会(注)」認定講師である株式会社丸山運送の橋浦部長を講師にお招きし、第1回「ほめ達!」を開催いたしました。
 「ほめ達!」とは、ほめる達人という意味ですが、「ほめる=甘やかす」ことではありません。目の前の人やモノ、仕事で言えば商品やサービス、起きる出来事などに独自の切り口で価値を見つけ出すことです。価値を見つけ出す達人となることで、ピンチをチャンスへ転換する力が備わります。
 セミナー終了後には遅い時間にもかかわらず明るい笑顔と笑声で活気にあふれていたことがとても印象的でした。職場も変わり家庭も変わる。既に45,000人も検定を受けています。次回は6月の開催を予定しております。仕事だけではなく、日常生活でも活かせる内容ばかり。ご興味のある方はぜひご参加ください。(松谷)


310426hometatu.JPG

(注)実は、丸山運送の三浦一夫社長は「一般社団法人日本ほめる達人協会(西村貴好理事長)」の初代仙台支部長に就任されております。年に数回、「ほめ達3級」の検定が企画実施されております。「丸山運送のホームページ」を確認してみてはいかがですか。

「春の各種セミナー」を開催しました

2019年4月24日
 4月は街中でも真新しいスーツに身を包んだ新社会人を見かけるようになり、見ているこちら側も心新たまる季節で、新しいことを始めるには非常にいい時期です。
 当税理士法人は、昨年末の経営方針発表会で「各種のセミナーを開催し、関与先に貢献する」と銘打って今年を迎えました。新たに加えたセミナーを含め、これまでの内容をブラッシュアップし準備を進めてきました。今回は、4月1日に「将軍の日~5ヶ年計画立案セミナー~」を、3日に「簿記セミナー」、4日にエクセルセミナー初級・上級、10日に「戦略MG」と連続してセミナーを開催しました。新規創業の社長や4月新入の社員の方々、そして新しい気付きやスキルに触れたいと考えている関与先から毎回多くの参加を頂きました。
 「将軍の日」では、「取り組みが曖昧な自社の課題をより具体的に考える良い機会となりました」という声や、簿記セミナーでは「簿記の基本を学習でき有意義な時間でした。復習して今後の業務に活かしていきたい」との感想を頂きました。

semina-1.JPG
将軍の日(左)と簿記セミナー(右)の様子


 当税理士法人はこれからも関与先へ有用な情報を提供するために、セミナー開催を継続していきます。次回は6月の開催となります。各種セミナーについては監査時に各担当者からご案内いたしますが、より詳細な内容については当社HPに専用ページがございますのでご覧ください。(原口)

semina-2.JPG

社員旅行 in 沖縄

2019年3月27日
出発

 確定申告がひと段落した3月20日。「申告打上&慰安旅行」で沖縄に行ってきました。
 11月には沖縄行が決まり航空券の予約を進めていましたが、人数が多いため仙台から沖縄行き直行便の空きがなく、名古屋経由で行くことになりました。3泊4日の旅です。移動時間やホテル到着時間を加味し、早朝8時20分の出発となりました。朝、仙台の気温は約5度。那覇に到着し外気に触れると、これがなんと暑い。気温は24度で温度差が約20度もあるのです。
 レンタカーを借り寒がりと暑がりの面々を乗せ、沖縄南部の海沿いにある「ルネッサンスリゾート・オキナワ」へ向かいました。夕食まで時間があるため、各自プライベートビーチで海水浴をしたり、周辺を散策したり、泡盛&ビールで乾杯したりと各々満喫しました。(木村)

oki01.jpg
ホテルの部屋から観たプライベートビーチ


1日目 夜

 夕食は、ホテル内にあるオールデイダイニング「セイルフィッシュカフェ」でバイキングです。ビーチサイドのテラスでのんびりと海を眺めながら食事を楽しみました。沖縄と言えばオリオンビールです。アルコール度の低いこのビールで乾杯し、泡盛やゴーヤチャンプルと初日から沖縄を満喫することができました。ここには沖縄らしい音楽が流れていて、食事をしながら琉球民謡を楽しむことができました。
 2次会は、ホテルからビーチを歩いて数分の会場です。イルミネーションが綺麗な海中レストラン「海風(うみかじ)」で豪華な炭火焼です。さらに牛カルビやあぐー豚など様々なお肉を頂きました。特に注目を集めたのが石垣牛。脂身が多すぎず甘みのある風味豊かな味わいでした。(木下)

oki02.JPG
「海風(うみかじ)」からの風景と石垣牛


2日目 観光・買物コース

 2日目から3グループに分かれて行動開始です。観光と買い物コースはホテルから車を走らせ「ビオスの丘」へ。亜熱帯の森で様々な植物や花、小動物と戯れることができます。湖畔で船に乗り小気味よいガイドさんの話に耳を傾けながら、沖縄特有の自然に触れて不思議と心が軽くなりました。
 
okinawa03.jpg
 颯爽と次の目的地、アメリカンビレッジへ。お土産を物色しながら少し歩けば砂浜に着きます。乾杯してバーベキューのスタートです。動画を撮ってみたり、ビール片手に砂浜を歩いてみたり。日差しも強く、顔を赤らめながら会話も盛り上がりました。(阿部)

oki04.jpg

 バーベキューで盛り上がった後は、泡盛まさひろギャラリーと琉球ガラス村に行きました。泡盛まさひろギャラリーでは泡盛の古酒を試飲しました。泡盛は基本的には水で割って飲みますが、古酒はストレートで飲むのが良いとお店の方に教えて頂きました。程よく酔った後、琉球ガラス村に行き美しい吹きガラスの工芸品を鑑賞することができました。(竹川)

oki05.JPG

2日目 青の洞窟&沖縄美ら海水族館コース

 シュノーケリングチームは青の洞窟のシュノーケリング体験を行いました。この日は天気も良く、沖縄の海はとても澄んでいてキラキラ輝いておりました。ウエットスーツに着替えシュノーケルの使い方を教えられ、沖縄の海に入ります。思ったほど冷たくなく心地よく感じられました。
 海の中を覗き込むと、色鮮やかな魚たちが優雅に泳いでいます。数千もの自然の魚たちを鑑賞し、写真を撮りながら目的地である「青の洞窟」を目指します。洞窟は文字通り青く輝いており、とても神秘的な雰囲気です。この体験で沖縄の自然の美しさに感動し、我々の心も身体も美しくなったような気持ちになりました。(上長根)

oki06.JPG
青の洞窟内で記念撮影

 沖縄の海を丸ごと体感できる「沖縄美ら海水族館」に行ってきました。特に、世界最大の魚とされるジンベエザメや、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できる大迫力の巨大水槽「黒潮の海」は圧巻でした。沖縄ならではの珍しい深海魚や色鮮やかな生き物などをたくさん見ることができ、この日はシュノーケリングからの水族館と海尽くしの1日で、全身で沖縄を感じることができました。(福士)

oki07.jpg

2日目 ゴルフ

 ゴルフ組の1日目は、ホテルから車で約30分の「宜野座カントリークラブ」です。コースから沖縄の真っ青な海を臨むことができ、開放感あふれるゴルフ場です。晴天の中、楽しくラウンドすることができました。昼食は沖縄名物豆腐チャンプルーと凍ったグラスで飲むオリオンビールは格別でした。(髙橋)


3日目 琉球神話コース

 沖縄本島の南東に位置する安座真港からフェリーへ乗り、神の島と呼ばれる久高島へ向かいました。
 貸自転車屋の店員から、「島のもの(貝殻・砂・植物)は外へ持ち出さないこと」「御嶽(ウタキ)には決して立ち入らないこと」等の注意を受けました。特にクボー御嶽は島の人ですら特別なときに限られた人しか入ることができない、たいへん神聖な拝所とされています。

oki08.jpg
琉球開闢の祖「アマミキヨ」が降り立ったとされるカベール岬


 周囲約8キロ。のどかな一本道をサイクリングした後、あらかじめ調べていたお店へ昼食を取りに向かいましたが、店は開いておりません。よく見ると「開店は12時頃」との看板が。待つことが苦手な我々は、別の店で沖縄そばとオリオンビールを頂きました。(松谷)

 フェリーで本島へ戻った後は、沖縄の聖地として知られている世界文化遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)を訪れました。琉球王国の創世神「アマミキヨ」が作ったといわれ、聖なる白砂を「神の島」といわれる久高島から運び入れ、御嶽に敷き詰めた琉球王国最高の聖地として知られています。

oki09.JPG
 三角形に切りとられた空間「三庫理(サングーイ)」など6つの「イビ」といわれる神域を回り、琉球王国の時代から守られてきた場所として多くの歴史を自然で感じられる空間となっていました。パワースポットとしても有名で沖縄に来たら一度は足を運ぶべき場所ではないでしょうか。(宮本智)


3日目 王道観光コース

 3日目、王道観光コースメンバーのほとんどは沖縄旅行が初めて。午前中は、ひめゆりの塔へ行き慰霊碑へ献花をし、全員で黙祷しました。

okinawa10.jpg
(全員で慰霊碑へ献花をしました)

 隣接する資料館では、生存者の証言映像手記や遺品などの展示を通して戦争の悲惨さや平和の尊さを学ぶことができました。午後から沖縄中部にある嘉手納町へと向かい、トロピカルフィッシングを楽しみました。

oki11.jpg
 貸切の船で南国の魚を釣り、近隣の飲食店で刺身にして美味しく頂きました。(佐々木・黒田)


3日目 琉球ゴルフ倶楽部
 沖縄でのゴルフも2日目となりましたが、まだまだ元気な4人組です。前日の疲労は泡盛で流し、名門「琉球ゴルフ倶楽部」でプレーを楽しみます。ここは先日「第32回ダイキンオーキットレディスゴルフトーナメント」が行われたばかり。会員には某有名演歌歌手の名前もずらりと並んでいました。アップダウンも少なく広々としたコースでしたが、生い茂ったラフはクラブが振り抜けず、狙った先にはガジュマルの大木が。これには名だたる女子プロも苦しんだハズです。
 そういう名門コースでA代表のスーパープレーが飛び出したのは、東コース7番150ヤードのショート。ティショットが綺麗な弧を描きグリーンへ。ピン横1メートルに乗りニアピン。グリーンの芝目と傾斜を完璧に読み切り、ボールは何事もなかったようにカップへと吸い込まれていき、圧巻のバーディーです。平常心でパットを打つ精神力にはキャリア20年のキャディさんも脱帽です。プレー後のオリオンビールも格別な旨さとなりました。
 天気予報は午後から雨でしたが、一日中晴天に恵まれプレーを楽しむことができました。(江川)

okinawa12.JPG


 3日目夜 全員集合

 観光やゴルフを終え、一同は今宵も国際通りへ繰り出します。今回訪れたのは、「CAPTAIN'S INN 国際通り店」です。船の中を模した内装の店内にとてもワクワクします。テーブルに設置された目の前でシェフが腕を振るいます。華麗に繰り広げられるクッキングパフォーマンスに一同拍手をする場面もありました。味覚のみならず目でも楽しめるお店に大満足でした。
 中盤、翌日に誕生日を迎えるWさんのお祝いを盛大に行いました。おいしいお肉と魚介とお酒を楽しみ、夜は更けていきます。(原口)

okinawaaa13.jpg

4日目 ウミカジテラス

 最終日は、那覇空港からほど近い「瀬長島ウミカジテラス」に行きました。ここは、ホテルの他瀬長島西海岸に隣接した傾斜地にグルメや沖縄ジュエリーなどの店を展開するアイランドリゾートです。
 海に面しているため景色も抜群です。その景色を眺めながら、沖縄を代表するBIGバーガー「氾濫バーガー」を食べてきました。店名の「チムフガス」は、沖縄の方言で「びっくりさせる」という意味です。実際にその大きさにびっくりしました。大変おいしく、食べるときに本当に中の具が氾濫してすごいインパクトでした。(鈴木)

oki14.JPG
 
社員旅行 総括

 3日目から大幅に天候が崩れる、と言う予報でしたが一度も雨が降る事なく快適に過ごせ、絶好のコンディションの旅行となりました。社員旅行は秋口に企画していましたが、台風で飛行機が飛ばないなど予測できないこともあるため今年は3月に変更し、早い段階から計画を立てていました。毎年社員旅行ができる幸せ。これもひとえに関与先の皆様のおかげと思います。
 今回は確定申告の打ち上げも兼ねています。申告件数は毎年増加していますが、監査スタッフや総務、新入社員も一丸となって取り組んだ結果、2月中にはほぼ完了し余裕を持った申告ができました。
 旅行の計画も確定申告の早期完了も「事前準備の徹底」が大切です。関与先様へ資料の準備を早い段階からお願いしご協力いただいた結果、早期完了に繋がりました。感謝です。(宮武)

okinawaa15.jpg

今年最初の「戦略MG・マネジメントゲーム」を開催しました。

2019年2月15日

2月5日に、戦略MG・マネジメントゲームを開催しました。このMGはビジネスゲームとして、参加者ひとりひとりが会社の経営者となり、経営活動の様々な意思決定を実践し、ゲーム感覚で経営や会計を体験する研修です。

ゲームでは自らが社長になり、材料仕入れから製造、値決めをして製品販売をしていきます。この研修では参加者の性格や戦略が随所に現れてきます。積極的に設備投資を行う人や、研究開発に投資する人、在庫を持たない経営など、戦略と意思決定は様々です。そこからどう利益を生み出していかなければならないのか、を「このMGゲームを通じ感覚として体験できた」という声を多数いただきました。

MG.jpg

今年より、2ヶ月に1度のペースでこの研修を開催する予定としております。次回の戦略MG・マネジメントゲームは4月10日(水)となっております。多くのご参加をお待ちしております。(宮本智)

 


「どんと祭」へ参加しました。

2019年1月23日
 「無病息災と家内安全、関与先様の商売繁盛」を祈願して、恒例の「どんと祭裸参り」に参加してきました。当税理士法人から8名が参加。佐元工務店様と合同でのお参りです。裸参りと言えば厳しい寒さとの闘いですが、今年は天候が良く気温も高く、例年にない恵まれた一日となりました。
 裸参り用の衣装に着替えて記念写真の後、いざ出陣です。神妙な気持ちで、薬師堂を目指します。一同、口にお清めの小銭を咥え、約3キロを無言でひたすら行脚します。穏やかでしたが日が落ちた後の空気は冷たく、寒さが身にしみました。
 道中、訪れた大勢の人々に励まされ、時には写真を撮られ我々の気持ちも自然と高まりました。
薬師堂に到着し、本堂を3周してご祈祷を受けました。ご祈祷後はとても温かいありがたい気持ちになりました。
 無事に裸参りを終えた後は、近くにある「サンピアの湯」で冷え切った身体を温め、無事にお参りを終えることができました。皆様に今年一年御利益がありますように。

dontosai001.jpg
dontosai002.jpg

「将軍の日」を開催しました

2018年12月25日
 12月22日。第1回「将軍の日」を開催しました。戦国時代、合戦に臨む将軍は、戦場から少し離れたところから戦況を眺め、次の戦略を練っておりました。日々の喧噪に追われている状況では、そのような環境を作るのは難しいことですが、当税理士法人の研修室には取引先も従業員もおりません。日常業務から離れた静かな場所で、じっくりと自社の将来を見つめ直し、中期(5ヶ年)経営計画を立てるセミナー。
 それが「将軍の日」です。年末のお忙しい中、3名の「将軍」様にご参加頂きました。

shougun.jpg
 経営計画策定と聞くとまず数字を思い浮かべますが、自社の現状を知らずして経営はできません。じっくりと自社分析を行うことで目標が明確になります。自社と向き合うことで創業当時の熱い想いを再考して頂きました。
 不安があってもその不安の正体が分からない。そのような時こそ将来を見据えた経営計画書の策定が必要になります。計画があるからこそ、今、何をすべきなのかが分かり、その要因を追究し、自社の明るい未来の実現に繋がるのです。
 今回は中期経営目標の作成を通し、今後会社が目指す「方向性」を明確に定めました。私達は「いくさ」が始まる合図のほら貝を吹くだけの役割ではありません。
 「方法論」や「達成管理」と言った予算実績管理まで、側近としてサポートしていきます。
 1月の「将軍の日」開催は定員となりました。2月開催を受け付けておりますので、是非ご参加下さい。(宮武)

今年も「経営方針発表会」を開催しました

2018年12月11日
 今年は、毎年行っていた仙台ガーデンパレスから場所を移し、仙台駅西口にある「ホテル・モントレ仙台」で、関与先や金融機関等にご出席頂き、総勢約150名での開催となりました。
 代表から開会挨拶の後、SWOT分析により得られたデータをもとに作成した戦略マップを発表しました。毎年集計している関与先の黒字決算割合は前年度より若干減少しました。主な原因は売上高の減少や人材不足と推測されます。一方、2期連続黒字決算を達成した、また黒字へと転換した関与先の共通点は、経営計画を策定し予算と実績の対比を毎月実施していることでした。
 当法人では関与先の黒字決算実現のために5ヶ年経営計画策定支援の強化に力を入れていきます。今までの経営計画は、現状ではこうなるという「業績予測型」でした。が、今後は先にゴールを設定し、行動を軌道修正していく「未来創造型」にシフトし、5ヶ年計画作成セミナー(将軍の日セミナー)を開催していきます。月次の巡回監査においては予実対比やPDCAサイクルのフォローを徹底し、黒字決算を実現できるようにサポートしていきます。

201901.png
5本の柱


 2019年は、「5本の柱」で支援していく方針です。会計・税務をベースに5ヶ年経営計画の策定支援、事業承継対策と相続対策、クリニック等の開業支援そして各種実務セミナーの開催などです。
 5ヶ年経営計画の策定支援では、新たに「将軍の日」という経営計画策定ツールで関与先を支援します。なぜ経営するのかという根本的な目的を確認し、自社の強みと課題を明確にするための定性分析と、経営理念や中・期経営計画として自社が達成すべき目標を確認し、設定した目標に向かって突き進むための道筋を構築し、やるべきことを明確化する、という流れで進めて行いきます。そのための専用ホームページも開設し、行動を開始しました。(http://www.aoki-maskansa.jp/
 さらに、医療法人や医療経営のサポート、クリックの事業承継までトータルでサポートさせて頂きたいと考え、医療分野のホームページを開設しました。金融機関等と連携し医療分野を支援していきたいと考えています。

201902.png
 満席御礼

201903.png
 司会も自前です


201904.png
所属税理士とチーフによる決意表明

2019005.png
代表して表敬状を贈呈させて頂きました。

 方針発表会の最後に、10年連続書面添付実践企業に特別表敬状の授与式を行いました。書面添付は、税理士が申告書の作成に当たり、どのような書類を基に計算し整理したかを税務当局へ提出することができます。書面添付を提出した税理士には、納税者の税務調査通知前に意見を述べる機会が付与されています。日々適時な記帳を心掛け、適正申告に取り組む関与先が実施できる制度で、会計事務所がやろうと思ってもできないのがこの書面添付制度です。
 今年は11社の関与先が該当し、前回と合わせて10年連続特別表敬状を授与された企業数は75社になりました。そして、平成30年の書面添付の提出件数は法人と個人のほか相続税申告分を合わせると233件となりました。
 実践企業を代表して、ケーオー電気株式会社の田島会長と田島社長に表敬状を贈呈させて頂きました。田島会長からは「書面添付の実践を継続したおかげで金融機関等からの信頼度が増した。かつて青木&パートナーズから電子申告を勧めがあり、実践したら入札が取れてとても助かりました」等の謝辞を頂きました。

201906.png
方針発表会でご挨拶を頂きました

 第一部の総括として、関与先を代表し株式会社ヴィクルーの佐藤社長からご挨拶を頂きました。その中で佐藤社長は、いつも青木&パートナーズをベタ褒めで終わっていましたがと前置きしながら、「方針発表を聴いていて、これからはAIを使いこなす社長でなければならないことと、会計事務所の役割として関与先と関与先とを結ぶプラットホーム的な役割がもっと拡大していくのではないか」という期待がある。「仕事柄、様々な会社の社長と逢う機会が多いが、書面添付の話をしても知らない経営者がなんと多いことか、青木&パートナーズは当たり前のように実践できていることはとても素晴らしいことで、社長が経営に没頭できる環境に感謝したい」旨の話を頂きました。

 
2019007.png
井上社長に講演を頂きました

 第2部は伊那食品工業株式会社の井上修社長にご講演頂きました。伊那食品は長野県伊那市にあり、60年前に寒天の原料を使って「かんてんぱぱ」等の製品を製造しており「年輪経営」で知られています。国内トップシェアを誇る寒天メーカーであり、48期連続増収増益で「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」にも選ばれている優良企業です。
 会社の社是である「いい会社をつくりましょう」のテーマで90分の講演して頂きました。
 製品を次々に開発する仕組みを聞きましたら、「お客様からこんな製品ができませんか」と言われたことを社内で検討し、それを製品化していくのだそうです。従って現在のアイテム数は介護食用製品や食物繊維の応用製品など200を超えていました。用途は、寒天野菜スープ、寒天ぞうすい、寒天ソフトキャンデー、サラダ用寒天など多種多様です。
 「かんてんぱぱカーデン」という北丘工場の敷地は約3万坪もあるそうで、この敷地内を毎朝450名の社員が15分程度かけて各々の場所を掃除するそうです。驚いたのは、親子2代で休日に来て掃除をするという社員や、雨の日に敷地内の歩道を掃除する社員、元旦の日に掃除に来るマニアックな社員などもいていつも整備されているそうです。社内におかれている傘立ての数百本もある傘が全て同じ方向を向いており、ここまで徹底されている社員の取り組みにはびっくりさせられました。
 井上社長の話を聞いた関与先から数社、是非来年は伊那食品を訪問したい、というリクエストに「歓迎したい。是非」という暖かい返事を頂きました。楽しみですね。

 第3部の懇親会は午後5時30分からの開催です。今回は2時間という限られた時間の中で様々な催し物があるため、早速、挨拶と乾杯を窪田電気工事株式会社の横山社長にお願いしました。毎年恒例となっているビンゴ大会では、関与先から様々な豪華景品を提供して頂き大変盛り上がりました。


 
201909.png
ティーナカリーナさんの歌に会わせて


 懇親会のハイライトは、今年もティーナカリーナさんによる「昭和歌謡ショー」です。この日は東京から駆けつけて頂き、約20分の間に「勝手にしやがれ」や「北酒場」「まつり」等6曲も歌って頂きました。

 しかしここで終わらないのがA&P!サプライズで「フラッシュモブ」を披露しました。「ダンススクールFAVORITE」で10月下旬からスタッフ全員で練習し、発表会前もチーム毎にリハーサルし万全の状態で本番を迎えることができました。会場は非常に盛り上がり、サプライズは大成功に終わりました。
 
201910.png
最後は「フラッシュモブ」で締めました

201911.png
懇親会の中締めです

 年末のお忙しい中、参加して頂いた関与先や金融機関をはじめ関係者の皆様には、スタッフ一同心から感謝しております。
 当法人は経営方針発表会でお伝えした通り、掲げた2019年方針を実践し、「東北地域No.1の総合事務所」を目指し、関与先のために努力してまいります。今後も当法人をよろしくお願い致します。(木下)

検索

カテゴリ

   

アーカイブ

顧問税理士の変更をお考えの方へ
経営に役立つセミナーをお探しの方へ
税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。
仙台で相続税申告ならお任せ下さい
税理士法人青木&パートナーズの採用情報(求人特設サイト)

仙台周辺の企業様は初回無料相談です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

022-291-4318

【受付時間】平日9:00~18:00

税理士法人青木&パートナーズはTKC会員事務所です。

東北税理士会所属

【事務所所在地】

〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡4-3-10
仙台TBビル3階

【連絡先】

TEL:022-291-4318
FAX:022-295-1372
E-mail:aoki-k@tkcnf.or.jp

【営業時間】

平日9:00~18:00

青木&パートナーズ 今月の営業日

:休業日

税理士法人青木&パートナーズのfacebook